スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度新入生歓迎会を開催!&近況報告

皆さん、こんにちは。61期の遠藤です。
また、1ヵ月空いてしまいましたね。ちょっといろいろあったもので…。

さて、前回の更新では5人ぐらい入ってこれば…ということを書いて終わった気がします。
Twitterでも書いたので今更感をとてつもなく感じますが、ブログでも書いておきます。
今年は、なんと…

9人もの新中1生が入ってきてくれました!!

そして、ほかの学年からも若干名の新規登録があったので、今年の鉄研は32名体制でやっていくこととなりました!
教育していくのは人数が多くて大変ですが、やりがいのある教育になりそうです。それよりまず、名前と顔を早急に一致させないとです。

話は変わりますが、ここで近況報告でも。
まず、気が早い気がしますが、文化祭の告知を。
今年の本校の文化祭は9/16~9/18だそうです。ただし、今年は9/16は別会場でほかのイベントがありますので、外来のお客様は9/17~9/18の2日間がメインだと思われます。ごめんなさい、詳しくまだわからないもので…
今年はいつもの鉄研展示に加えて新たな試みをやろうと考えています。詳細につきましては、7月ごろに文化祭特設ページをHP内に開設する予定ですので、そちらをご覧いただければと思います。

では、ここからやっと本題です。
さて、62期が中1のときまで、新入生歓迎会といものを開催していて、何年か止まっていたのですが、今年から復活しました~。
行程に関しては、Twitterに画像を挙げておいたのでそちらをご覧いただけるとと思いますが、リンク貼っておきます。
2016年度 新入生歓迎会 地図

というわけで、ここからは写真付きでお送りします。
2016新入生歓迎会1
和歌山での1枚。超が何個もつくほど、静かでした。なんせ、1時間30分前までは大阪でユニバーサルスタジオに行く人たちを眺めていましたからね!

2016新入生歓迎会4
そこからは和歌山線です。鉄研旅行に向けて、長時間乗車の練習みたいなものでした。約2時間30分、私を除いて元気でした。
年の問題でしょうか??(笑)早すぎますね(汗)

2016新入生歓迎会3
景色はきれいでしたね。本当にのどかなかんじです。

2016新入生歓迎会5
和歌山線は高田で下車し、そこからは王寺まで、そして見慣れた顔の電車で加茂へ。

2016新入生歓迎会6
加茂では30分ぐらい時間があったのでこんな感じで撮ってはりました。

2016新入生歓迎会7
柘植までは関西大回り定番の関西本線のディーゼルカーです。柘植には1時間ぐらいで到着です。

2016新入生歓迎会8
柘植からは草津線、琵琶湖線で山科へ。そして、山科で改札を一度出て解散となりました。

で、私は家に帰ろうとしていたのですが、なんとSL北びわこ号の機関車返却があるとのことで、京都駅で待ってみることに。
2016新入生歓迎会最後
肝心の蒸気機関車が写っていませんが、個人的には特別なトワイライトエクスプレス最終日以来のトワイライト色の機関車でしたので、なんとなくこちらを選びました。


結構、雑~な感じになってしまいましたが、今回のミニトリップを通して、反省すべき点、良かった点が山のように出てきました。
8月の鉄研旅行に向けていいところは生かして、改善すべきところは改善していくことをしっかりとしていきたいと思います。


記:61期 遠藤 真仁
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

洛星鉄道研究会

Author:洛星鉄道研究会
京都府の私立洛星中学・高等学校鉄道研究会です。

このブログの著者

・現在の著者

62期 平川陽大(2017年度広報係長)

62期 髙杉海翔(14代目会長)


・過去の著者

61期 遠藤真仁(13代目会長)

60期 吉野瑛師(12代目代表)

59期 山川惇之介(11代目会長)

58期 吉山優志(10代目会長)

58期 堀井友輝

57期 高井亮太

57期 木村公一(9代目会長)

54期 H.K

54期 森下靖久(7代目会長)

53期 田畑諒

53期 杉本雄亮

53期 岩崎健太(6代目会長)

カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。