スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅・山パート活動報告

 皆さん吉野です。今回はの活動報告していこうかと思います。

  駅パート
 今年の駅なんですが、一応モデルがあります。昨年は特にモデルがなく今年も同様に気の向くままに作るつもりでしたが、線路をどこに置くか考えているうちに自然と山科駅のようになりましたので、そのまま山科駅をモデルにすることにしました。
s-EOS 7D_0073
 これが駅の全体像です。まだまだ作り始めたばかりです。

 少し寄ると
s-EOS 7D_0077
 こちらが模型では都市側、山科的に考えると京都側となります。実際の山科駅はもう少しポイントがありますが、模型では省略しています。

 今度は上の写真の反対側です。
s-EOS 7D_0078
 こちらは模型では山側、山科的には大津側となります。高架は湖西線をイメージしていて、それが原因で三複線になりました。

s-EOS 7D_0079
 ホームは去年と同じグリーンマックスのキットを使う予定をしています。

 以上が駅パートとなります。

 続いては山パートです
今年の山パートは山と言いながら面積の半分くらいが線路になってしまいました。この山もモチーフというかモデルがありまして、山科-大津・大津京間のトンネルの山科側です。言葉で言っても分かる人しかわからないので、また今度写真でも載せますね。

 そしてこれが山の全体像です。
s-EOS 7D_0072
 と言ってもまだどれが山なのか、そもそもこれが山なのかもわからないですね。

 上から見るとこんな感じです。
s-EOS 7D_0075
 駅から来て

s-EOS 7D_0074
 トンネルの中で上2線が合流

s-EOS 7D_0076
 さらに下2線も合流し複々線に戻り、海岸の方へ。

 トンネルの中にポイントがあったりとごちゃごちゃしているので、脱線した時の心配がありますが、たぶん大丈夫でしょう。
 というわけで以上が駅・山パートの活動報告でした。ではまたお会いしましょう、さようなら。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

洛星鉄道研究会

Author:洛星鉄道研究会
京都府の私立洛星中学・高等学校鉄道研究会です。

このブログの著者

・現在の著者

62期 平川陽大(2017年度広報係長)

62期 髙杉海翔(14代目会長)


・過去の著者

61期 遠藤真仁(13代目会長)

60期 吉野瑛師(12代目代表)

59期 山川惇之介(11代目会長)

58期 吉山優志(10代目会長)

58期 堀井友輝

57期 高井亮太

57期 木村公一(9代目会長)

54期 H.K

54期 森下靖久(7代目会長)

53期 田畑諒

53期 杉本雄亮

53期 岩崎健太(6代目会長)

カテゴリー
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。