0系引退の日に

本日、2008年11月30日をもって、0系は定期運用から撤退します。


1964年の東海道新幹線開業とともに落成し、
1970年の大阪万博の際には、新時代の象徴として「走るパビリオン」と広く詠われ、
1985年に100系が投入されるまでは、東海道・山陽新幹線を運行する唯一の車両でした。
1986年に増備が終了、
1999年に東海道新幹線を退き、短編成化の後に「こだま」として山陽新幹線を走ることとなり、
2008年11月30日、最後の定期運用を終えました。

12月に行われるさよなら運転を除けば、旅客を乗せて線路上を走る0系の雄姿を見ることは二度と無いのでしょう。
ありがとう、0系。
しかし、これは最後の別れではありません。
廃車となった0系は、分解された後、鉄は鉄製品として甦ることでしょう。
鉄製品を買うとき、一瞬で良いのでそれに思いを馳せてみてください。
この鉄は、もしかしたら、0系として走っていた鉄かもしれない、と。



0kei-in-Okayama

0kei-in-Shinosaka

0kei-hokomaku



書いた人:Mr.遅れ(54期 高1)
スポンサーサイト

嵯峨野線複線化工事の進捗状況 part3

京都~丹波口間は完成間近です。
最近、京都駅(付近の上下線分岐点)から丹波口駅まで線路がつながりました。
道床工事も完了しているように見え、残る作業は架線の敷設ぐらいでしょうか……。

丹波口~二条間も、工事は着々と進捗しています。
同区間は全て高架となりますが、高架橋建設工事の進捗率は95%以上といったところです。
最近、高架橋上に物資やら何やらが運び込まれ、工事に携わる方々が完成した高架橋の上で作業をしています。
これからレールが敷設されるのでしょう。


書いた人:Mr.遅れ(54期 高1)

2009年度文化祭テーマ

なぜ誰も1ヶ月以上何も書かないんだー、それはお前が書かないからだ、すいませんでした。
という訳で書きますよ、書けばいいんでしょ。


昨日、テーマ決めの投票を行いました。
出揃ったテーマは、「夜行・寝台列車」「駅弁」「大手民鉄」2種類3種類。
その各々のテーマの担当者が、展示の概略を説明し、その後投票という運びです。

本来ならば、概略の説明・投票とも11日に行う予定でした。
しかし、当該日は出席率が異常なまでに低かったため、概略の説明を行うのみで終わりました。
投票は昨日まで延期されていました。
概略を聞いていた人(=11日に来ていた人)は2票ずつ、聞いていなかった人(=11日に来なかった人)は1票ずつとして投票を行ったところ、


夜行・寝台列車 7票
駅弁        7票
大手民鉄       1票


という結果となりました。

とりあえず大手民鉄は論外として、
「夜行・寝台列車」「駅弁」のいずれかに絞るのか、それともテーマを2本立てにする方法を模索するのかは未定です。
まぁそのうち決めますか……



書いた人:Mr.遅れ(54期 高1)
プロフィール

洛星鉄道研究会

Author:洛星鉄道研究会
京都府の私立洛星中学・高等学校鉄道研究会です。

このブログの著者

・現在の著者

64期 山本照梧(2018年度広報係)

64期 奥村洸心(2018年度広報係)

63期 吉田光太郎(2018年度広報係)


・過去の著者

62期 平川陽大(2017年度広報係長)

62期 髙杉海翔(14代目会長)


61期 遠藤真仁(13代目会長)

60期 吉野瑛師(12代目代表)

59期 山川惇之介(11代目会長)

58期 吉山優志(10代目会長)

58期 堀井友輝

57期 高井亮太

57期 木村公一(9代目会長)

54期 H.K

54期 森下靖久(7代目会長)

53期 田畑諒

53期 杉本雄亮

53期 岩崎健太(6代目会長)

カテゴリー
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード