2018年度 担当者のご挨拶

皆さん、こんにちは。
2017年度の活動も無事に終了し、早くも明日はオープンスクールを迎え、来年度文化祭への準備も少しずつ始まっています。

前年度はブログ・twitter共になかなか更新することができなかったのですが、今年はその点を改善するためにブログ・ホームページ・twitter、それぞれ担当者を分けて運営する形になりました。
基本的にはそれぞれの担当を更新していく予定ですが、担当以外の更新をすることもあります。

それでは、各担当者を紹介していこうと思います。

 ブログ担当:64期 山本 照梧
  今年度、展示責任者の山本です。今年も、最優秀賞が取れるように、そしてよい展示ができるように
  頑張りたいです。

 ホームページ担当:64期 奥村 洸心
  今年度、ホームページを担当します、奥村です。文化祭関係では会誌班長をさせていただいております。
  冊子版、WEB版ともによい会誌を作れるように頑張ります。

 Twitter担当:63期 吉田 光太郎
  Twitter担当の吉田です。今年も私たち鉄研の情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

以上でご挨拶とさせていただきます。それでは、これから1年間どうぞよろしくお願いします。

記:洛星中学・高等学校 鉄道研究会 広報係
スポンサーサイト

2017年度文化祭 3日目について

鉄研Staffです。

台風18号の近畿地方への接近に伴い、明日開催予定でした文化祭3日目のプログラムは翌18日へ延期となりました。
なお、天気が回復した場合でも文化祭3日目のプログラムが変更となる可能性も十分にあります。
当鉄研では予定通り行いたいと考えていますが、当日状況により変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

2017年度著者の挨拶

みなさん、こんにちは。
文化祭・オープンスクールが終わり、会誌・模型・展示のどの分野も来年に向けて始動し始めている頃です。
また、2017年度でこの鉄道研究会は15周年を迎えるということで、様々なことを企画しています。前年度よりも多く更新を行いたいと思いますので、よろしくお願いしますm(_ _)m
とりあえず、最初なので、2017年度著者の挨拶をしたいと思います。

第14代目高校会長 高杉 海翔
会長の高杉です。鉄道研究会をより楽しく過ごせる場所、それぞれの個性がうまく光る場所とすべく日々奮闘、精進させていただいてます。よろしくお願いします。

2017年度広報係長 平川 陽大
広報、そして模型班長の平川です。できるだけ近況をブログで伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。

以上を著者の挨拶としていただきます。これから1年間よろしくお願いします。

記:洛星中学・高等学校 鉄道研究会 2017年度広報係長 平川 陽大

2016年度を振り返って... Part2

みなさん、こんにちは。61期の遠藤です。

Part1からの続きとなります。まだご覧になっていない方がいらしたら、以下のリンクよりご覧ください。
2016年度を振り返って... Part1

 今年度はクラブ全体としての問題は昨年度などと比べて少ない年だったと思いますが、私個人の中でクラブをどうしていけばいいのかなどと試行錯誤の1年間でした。日々の活動はもちろんのこと、クラブ内の雰囲気の向上など去年までは全然気にしなかったようなことが一気に降ってきました。しかし61期という学年は人数が少なく、学年内の会員で協力してすべての問題を克服していくということが難しく、活動していく中で犠牲になってしまったものや後回しにしてしまったものが出てくる結果となりました。完璧にすることなんて不可能だとはわかっていましたが、正直悔しい思いで一杯です。
 今年1年間、鉄研の最高学年として、責任者として無我夢中に走ってきました。展示、模型、会誌、広報、運営、...といろいろな仕事をしてきましたが、どれも大変貴重な経験でした。会員の皆さんにはお話しましたが、特に「取材」というものは貴重でした。今年お世話になった「京都鉄道博物館」などへの取材はなかなか個人ではできないようなものであり、中々学校内だけでは学ぶことの出来ないことを取材を通して学ばさせていただきました。高校生という身分の時にこのような社会と触れ合う経験をもつことができたというのは私の今後の人生においてもどこかで役に立つ日が来ると思っております。今いる会員のみんなにも、そしてこれから鉄研に入ってくるかもしれない未来の鉄研会員にもいつか同じような経験をしてもらえたら一OBとしてうれしいです。
 完璧には出来なかったものの、いろいろな経験を積んでいきながら、皆で協力して1つのゴールに走っていくことができ、文化祭という1つのゴールに無事完走することが出来たと思います。

2016活動報告 会誌1
 話はエンディングへと移っていきますが、私がこの鉄研に入らさせていただいたときちょうど10歳の誕生日、そして「FULL NOTCH」の創刊の年でした。つまり、私が最後の創刊号メンバーです...。今こうして並べてみると、すごいクラブだったと実感させられます。私たちは出版社でもなく、大学のサークルでもなく、とある京都の高校の1つのクラブですからね。「いつか、No.1みたいなすごいのを作りたい」とNo.1をもらった時に思って早4年、57期~59期の各編集長を目指して去年(No.4)から編集に携わっておりますが、やはり到底超えることは難しく、追いつくのに精一杯でした。ところで今さらですが、今年の会誌はいかがでしたでしょうか?もしよければ、11/19のオープンスクールの鉄研ブースでさらりと現役会員に教えていただければ幸いです(笑)感想お待ちしております。

2016活動報告 模型2
 ふと写真集めに再び鉄研の部屋を訪れるとそこには来年の板が用意されていました。来年度への準備は着々と進んでいるようです。今週の土曜日から活動が再開され、本格的になるそうですが今後も順調に活動が進んでいくことを一人のOBとして静かに見守っていこうと思います。来年度は鉄研創設15周年の節目の年を迎えます。今後とも洛星中学・高等学校 鉄道研究会に温かいご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 最後にはなりましたが、京都鉄道博物館の皆様、地下鉄各団体の皆様など当鉄研に関わってくださった皆様とOBの方々、顧問の先生、そして会員の皆さんに心から感謝の気持ちをお伝えして、2016年度を終わらせていただきたいと思います。本当にありがとうございました!

記:洛星中学・高等学校 鉄道研究会 2016年度高校会長 遠藤 真仁

2016年度を振り返って... Part1

 皆さん、こんにちは。そして申し訳ないぐらいお久しぶりですね。61期の遠藤です。文化祭も終わり、体育祭も終わり、そして前期末考査も終わりと洛星の1年の中で一番大変なシーズンが終わったところです。皆さんはどうお過ごしでしょうか。私はこの記事を書きながらいろいろあったこの1年と鉄研での生活約4年半を思い出しながら書かせていただいています。今日の記事はちょっと長くなりそうですが、どうぞお付き合いくださいませ。それではまずは、今年1年を振り返っていきます!

◆展示
2016活動報告 展示
画像が変な向きになってしまっています。首を傾けてご覧ください...申し訳ありません。
 今年の展示のテーマは「地下鉄」。今年は62期が中心となって1年間この地下鉄というテーマに向き合ってくれました。当鉄研恒例のアンケートでは日本で地下鉄を運行しているすべての団体にアンケートを送り、数々の団体から貴重なお答えをいただくことが出来ました。この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。
 私自身、今年1年全然展示の方に関わることが出来なくて、すごく心配していましたが、文化祭では立派にまとめてくれて、とても深くまで研究された展示を皆様にお見せすることができました。結果、優秀賞を受賞することが出来ました。優秀賞には終わりましたが、私にとっては最優秀以上の展示でした。本当にありがとう。
2016活動報告 賞状
 来年度も何やら始まっているみたいですが、私には語る資格は一切ございませんのでここではノーコメントにさせていただきます。

◆模型
2016活動報告 模型
 今年の模型は昨年度の約1.5倍の大きさで作りました。大きくなった分、スケジュールの面やコストの面で心配があり、いろいろ壁にぶつかることがありましたが、何とか文化祭ではお見せ出来る程度までは仕上げることが出来たのではないでしょうか。
 来年度にむけて何点か言うとすれば、もう少し通電をよくしようというのが1つ、そして削れるところは削ろうということぐらいです。来年度の模型も期待しています!
 さて、その模型ですがもう1度だけ見ていただくことが出来るチャンスがございます!11/19日(土)、本校受験希望者とその保護者のみとはなりますがオープンスクールがございます。おそらく今年も展示する予定ですので、よければ見に来てくださいね~。詳しくは本校HPをご確認ください!

◆会誌
 今年はいろいろあって2冊になりました。今年度の会誌はいかがでしたでしょうか。
2016活動報告 会誌2
 No.5は特集記事「京都鉄道博物館」を掲載させていただきました。自分の中では2016年になってから「京都鉄道博物館を特集にしたら面白いかな~」とは思っていたのですが、私の性格上表に出すのが苦手で結局7月に入ってから正式にお願いをするという形となりました。そんな急なお願いでしたが、すぐ京都鉄道博物館様よりご連絡をいただき、ご協力いただける形となりました。夏休み期間で大変お忙しいときの取材となりましたが、丁寧にご対応くださり、京都鉄道博物館の運営を支える4つの課にも取材やSLの運行を担う梅小路運転区の皆様にもご協力いただきインタビューをさせていただきました。決して一個人ではできないことをこの夏に経験させていただき、この経験は一生の思い出となりました。改めて我々の取材に関わって頂いたすべての方にお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 ご協力いただいた京都鉄道博物館では新しい企画展「The Sleeper Train~寝台列車の軌跡~」がスタートしていますが皆様は行かれたでしょうか?私も先日行かせていただきましたが、数年前に寝台列車の文章について書いた私にとっては興味深い展示となっていました!まだ行かれていない方はまだまだ期間はありますので、是非京都鉄道博物館へ足をお運びください!

2016活動報告 会誌2α
 No.6では展示補助文章や会員たちが書いた文章、鉄研旅行記等を掲載しました。私の編集ミスにより、訂正があり大変申し訳ございませんでした。ボリュームとしては過去最大で、本当に各会員が調べに調べて、文章を作ってくれたんだと改めて感じました。書いてくださった皆さん、本当にありがとう。
 さて、これでFULLNOTCHはNo.6まで迎えることが出来ました。さて、来年はどのようなものができるのか皆さんも期待しておいてくださいね!(笑)←プレッシャーを与えるなとお怒りが来そうです…

◆その他
・広報活動
 今年はブログとTwitterを併用させるつもりでしたが、私の業務多忙化により簡単に更新が出来るTwitterがメインになってしまいました。できるだけ多くの方々に洛星鉄研のことを知っていただきたいですので、来年度以降も広報活動はしっかりさせていただきますので、よろしくお願いします。来年はInstagramとFacebookを…します。←大嘘です。

・鉄研旅行
 今年は東北でした、旅行内容に関しては会誌の方をご覧ください。まぁいろいろあった旅行でしたが、さすがに遠かったです(汗)

 とまぁ、ここまで今年の活動について振り返ってきました。記事が長くなりそうなので、一度ここで切りたいと思います。続きはまた違う記事の方で…。

記:61期 遠藤 真仁
プロフィール

洛星鉄道研究会

Author:洛星鉄道研究会
京都府の私立洛星中学・高等学校鉄道研究会です。

このブログの著者

・現在の著者

64期 山本照梧(2018年度広報係)

64期 奥村洸心(2018年度広報係)

63期 吉田光太郎(2018年度広報係)


・過去の著者

62期 平川陽大(2017年度広報係長)

62期 髙杉海翔(14代目会長)


61期 遠藤真仁(13代目会長)

60期 吉野瑛師(12代目代表)

59期 山川惇之介(11代目会長)

58期 吉山優志(10代目会長)

58期 堀井友輝

57期 高井亮太

57期 木村公一(9代目会長)

54期 H.K

54期 森下靖久(7代目会長)

53期 田畑諒

53期 杉本雄亮

53期 岩崎健太(6代目会長)

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード